前へ
次へ

日常生活レベルで英語が使えるようになる教育

英語は世界の公用語で多くの国で使われているが、日本においてはあまり話すことが出来る人は多くありません。
英語は中学校から勉強がスタートし、高校、大学と勉強します。
長い人手10年です。
高校までですと6年ですがそんな長い間勉強してもほとんどの人が英語を話すことができません。
その理由としては日本での英語教育のあり方にあります。
大学に入ることを目的とした日本の教育は受験のための勉強なので、実際に役に立つことはありません。
ですので多くの人は大人になってから英語の勉強を行います。
しかし、英語はしゃべれるようになるには難しくありません。
外国に留学すると多くの人が1年ほどで話せるようになります。
それを日本で行えばいいのです。
常に英語を聞いて理解する。
話す時には英語を使用するようにする。
そんな訓練をすればいいのです。
英会話スクールでは外国人の講師と英語で話しますがそんな教育を中学、高校で行えば日本の英語レベルもアップするでしょう。

Page Top