前へ
次へ

小学生の英語教育の賛否について考察

小学生から英語教育が始まり、その良し悪しについては賛否両論となっています。
たしかに、早い時期から英語に触れるということは、将来国際的に活躍する人材を育てることができるというのも間違いのない事実ではあります。
早くから英語を学んでおけば、英語に対する抵抗感はなくなり、スムーズに英語を学ぶことができます。
また、一説には中学からの英語教育は国際的な観点から見ても遅いと言えるものなので、やはり小学生のうちから英語を学ぶことが好ましいと考えるのが一般的なのです。
他方で、高い水準の英語教育を行うことができる教育者不足が懸念されています。
現在のところ、小学校では担任がすべての教科を教えることになっているため、英語の指導力にもどうしてもばらつきが出てしまいます。
そのような環境の中で果たして高い水準の英語教育を受けることができるのか、英語の時間が単なる遊びの授業になってしまわないかとの懸念も少なくないのです。

Page Top