前へ
次へ

教育について皆で考える必要がある

教育の重要性に関しては多くの人が考えていることでだからこそ義務教育と言うものがあるのですが、学校で様々なことを学ぶことにより見えて来ることが沢山あります。
英語や国語、社会や理科などを教わるのもとても大切なことで必要な知識を身に付けることが出来ますし、自分と考えの違う人達と交わることにより社会に出ても順応出来る力を身に付けることができます。
だからこそ学校に行くのはとても重要で家に一人で黙々と勉強していたら分からないことを沢山気づかせてくれるので、最低でも中学までは学校に通わせる義務を親に課したのは至極当然のことだと言えます。
最近では高校の授業料を無償化にするべきだと言う議論が活発に行われていますが、家庭の金銭的な事情により教育格差が広がるのは本当に良くないことです。
生まれた環境によって学力に差が出るのを防ぐようにするためにも国や自治体はこのことに関してよく考える必要がありますし、私達も他人事だと思わずに色々と考えることが大切です。

Page Top