前へ
次へ

押しつけにならないことが大切である

教育と聞くと、子供に対しての言葉として聞こえる方が多いと思います。
義務教育である小学校、中学校から始まり、高校、大学と人は成長の過程で、教育を受け続けます。
 最近では、技術や環境の変化がものすごいスピードで変化していくため、大人になってからも教育を受け続けることが当たり前の世の中になってきています。
 教育と聞くとどうしても、周りから言われてやるというイメージを持ってしまいがちで、人から言われてやることにより、本人のモチベーションが上がらないため、取り組む姿勢が意識の低いものになってしまいます。
意識が低いまま教育を受けても、なかなか身に付きません。
そうならないためにも、周りが教育を押し付けるのではなく、本人が教育を受けたいと思うように仕向けることが大切です。
 子供であれ大人であれ、教育を受ける姿勢によって結果は大きく変わってきます。
せっかくやるのであれば、良い結果が出るような姿勢で臨みたいものです。

Page Top